×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

奇食ハッチポッチ > 奇食 > パン > Page1

 

パン Page1

いちごサンド   タクマヨサンドロール   みそパン(@アンゼリカ)   アイスベーグル

竹炭シフォン ごまホイップ入り


「いちごサンド」★★★

ケーキみたいだよね

その名のとおり、イチゴ&生クリームを挟んだサンドウィッチ。YTR氏から掲載リクエストがあったので載せます。

材料だけ見るとケーキのようだが、甘くないのでもっとさっぱり食べやすい。

でも、300円出してまで食べるものでもない。昼飯には軽すぎるし……。
同じサンドなら190円のスーパーサンド(3切れ入ってる)のがお得で好きだ。

なお、甘いサンドも探せば色々あるらしく、某サンドウィッチ専門店では「クッキークリームサンド」「びわサンド」「甘夏サンド」なんてのもあった。

このページのトップへ


「タクマヨサンドロール」★★★★

パッと見、かなり引きます  袋から出して、中身が何か教えずに友人に食わせるといいでしょう

惣菜パン史上初めて、たくわんとマヨネーズをドッキング
ロールパンに、刻んだたくわんをマヨネーズで和えたものが挟まっている。発売元はPasco。

あまりにも不気味なので一人で食べる気になれず、例によって友人どもと分け合う。

……でもこれ、意外にいける!! 定番になるかも!?

本題とは関係ないが、これを食べるのためらっていた理由がもうひとつある。実は、食べようとしたときには既に賞味期限が4日経過
まさか、美味しかったのは、発酵が進んでいたからとか、そんなことはないよね?

このページのトップへ


「アイスベーグル」 ★★★

      

BAGLE & BAGLEで298円。普通のベーグルが150円だから、ちょっと高いんじゃないの。
夏期限定で、去年(2005)から始めたそうな。

このアイスベーグル、食べ方が2通りあって、

「冷凍庫から出してすぐにトースターで2分」
「冷凍庫から出して常温で10分」
のどちらかの処理を加えるといいらしい。
今回は「冷凍庫から出してすぐにトースターで2分」をやってみた。

中のアイスは溶けて柔らかくなっているので、クリームチーズにしか思えない。原材料見たらチーズ入ってたし。
プレーンだと味に変化が乏しいので飽きる。オレンジとかなら良いかも。

その数日後、ラムレーズン味を買ってきたので「冷凍庫から出して10分放置」という食べ方で食べて見た。今度はちゃんとアイスっぽい。こっちの食べ方の方がおいしいな。

このページのトップへ


「竹炭シフォン ごまホイップ入り」 ★★★

      

東急ストアの開発商品。

なぜこんな物を作ったか謎。パッケージには説明一切ナシ。炭を混ぜるのってもはや普通のことなんだろうか。

開けてみたが、炭のにおいは別にしない。普通の蒸しケーキとかコーヒーロールケーキみたいな匂いがかすかにするくらい。

味も普通のスポンジと変わりません。目をつぶって食べたら黒いことなんて分かりません。
(……こう書くとブラックオレンジみたいだな。)

なかは黒ゴマクリームでおいしかった。

このページのトップへ


「みそパン(@アンゼリカ)」 ★★★

UFOともハンバーガーとも  手描きのイラストが可愛い袋

ただのグルメレポート(^_^;)

下北沢名物、アンゼリカのみそパンの紹介である。

MTK氏が初めて下北沢に来たときにこの店を紹介したら、「シモキタのイメージを味噌パンとして定着させる」と言って購入していった。一体どんなイメージになったことやら。。。

〈店への行き方〉
店は、下北沢駅南口を出て商店街を歩いていくと、2〜3分くらいで右側に出現する。深緑色の看板屋根が印象的だ。
なお、下北沢駅は小田急線と京王井の頭線の改札が共通である。Wikipediaによると、かつて井の頭線が小田急だった頃の名残なんだとか。そのせいで、井の頭線から出ようとすると小田急線のホームを通らねばならず、改札までめちゃくちゃ遠く感じる。降りるのを諦めたくなる。

さて、パンの味見に移ろう。
匂いはマドレーヌに似てる。あんなにバターは効いてないけど。みそパンらしい甘じょっぱい匂いも。
生地はしっとりしている。ミルクロール系?
味噌の味はほのかにする。白味噌かなあ。ゴマが入っていて、その風味もきいてる。

 

アンゼリカでは味噌パンのほかにカレーパンとバケットプリンも名物である。
カレーパンは普通の揚げカレーのほかに焼きカレーパンもある。揚げ物系はけっこう油っこいので、胃が弱い人は焼きカレーの方がいいだろう。

で、バケットプリンはこれ↓

もう一つの名物、バケットプリン

バケットプリンは、20cm近くあるでかい容器に入ったプリンである(写真では15cm定規を参考に置いています)。お値段は680円。
最初「バゲットプリン」だと思っていて、フランスパンでも入っているのかと思った。正しくはバケット(bucket)、つまりバケツのことである。『チャーリーとチョコレート工場』の主人公チャーリーの苗字もBucket(バケツ)だったなぁ。
(だいぶ話は逸れるが、バケットと聞くとNHK英会話入門(金曜放送の「英会話の素」だった)で遠山顕が" 'Bucket Monster' is very popular among children."とかいう例文を作ってたのを思い出す。それじゃ縮めて「バケモン」じゃないか。)

かなり大きいので、一人で買って食べるにはちょっと勇気がいる。
中はわりと普通のプリン。甘いが、それほど生クリームが効いているわけではないので、生クリームが苦手でも大丈夫。
中にはパンらしきものが入っていたような、違うような。。。パンプディングだったのかなぁ。

こんなでかいの一度に食べれるわけないので、3分の1くらい食べて冷蔵庫に保管しておいたら、下のカラメルソース(これはけっこう甘い)が食べて空になった部分にたまっていた。どういう物理現象なのだろう。

このページのトップへ


このページのトップヘ↑  次のページ(Page2)へ→  奇食インデックスヘ戻る  トップページへ