×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

26. スイス Switzerland Page 5

 

 


横断歩道 Crossing

 
arrow_red

撮影者:ほのりあ(管理人) 撮影場所:ベルン 撮影日:2012年8月
Photographed by Honoria (webmaster) Bern, August 2012
fotografiert von Honoria (Webmaster) Bern, August 2012

 
黄色の横縞という、よくあるパターンである。
横断歩道が黄色の国と白色の国があるが、色が違うと横断歩道のルールも違うのだろうか?

スイスの人々はルールを守るのが好きなのか守らないといけないのか知らないが、信号機が無い横断歩道で待っているとほぼ確実に車が止まってくれる。
車が走ってくるのが見えているにも関わらず人が渡っていく。
おそらく車は止まらないといけないルールなのだろう(それでも守らない国が多いが)、車が通り過ぎるのをのんびり待っているとかえってクラクションを鳴らされてしまう。

なお、ヨーロッパでは歩行者信号が赤でも車が来なければ渡るのが普通かと思っていたが(イギリスやギリシャ)、スイスやドイツでは日本同様ちゃんと信号を守って渡らないらしい。
イギリス人の友人は、スイスで信号無視をやろうとしたらスイス人の友人に怒られたと言っていた。
日本から行く分には同じルールだからいいが、他の国を周ってからの訪問だとうっかり信号無視をやってしまいそうだ。(経験談)

 
Swiss crossings consist of yellow stripes.
Somehow crossings are in yellow in some countries and in white in others.
Is there any difference between yellow crossings and white ones?

In Switzerland most cars stopped when people were at a crossing without a light.
Probably they have to follow the rule all the time (especially German-speaking areas!).
People there started crossing a road even when cars were coming towards them.
Probably I should have done so there... one car stopped and honked at me when I was waiting for cars passing by at a crossing!

In some European countries (as far as I know, in UK and Greece) people cross a road with red light when it is safe, but NOT in Switzerland.
My British friend told me that she was scolded by her Swiss friend when she tried to cross the street with a red light in Switzerland.
Probably the stereotype 'German like to follow rules' is true to Swiss people too!


next     HOME     previous     go to top