×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

奇食ハッチポッチ > 奇食 > 食事 > Page4

 

食事 Page4

大阪ロール   セパコロライス   イノシシカレー   4種の野菜とこんにゃくのナポリタン風   ナーベーラー丼 みそ味


「大阪ロール」 ★★★★★

うぅ、写真が汚い……  ちょっと黒いのはソースのせいと思われ。

ビアード・パパはシュークリームのチェーンだが、店舗によってはクレープも売っている。
「大阪ロール」なるものが180円で売られていたので食べてみた。

トッピングは、お好みソース・マヨネーズ・青海苔・天かす・キャベツ。お好み焼きを再現しようとしたのだろうか?

クレープ生地の香りと、ソースの匂いが同時に感じられる。不思議な感覚。普通しないよな、こんな組み合わせ。

味は、ほとんどソースとマヨの味。キャベツだけだったら物足りなかっただろうけど、カリッとした天かすがあるから満足感がある。これで180円だったら満足だ。(他のクレープは350円以上するし)

ただ、どうしてクレープでこんなことしたのか、それが謎である。

 
〈2006年6月3日追記〉
最近チェックしたら、なくなってしまっていた。もう1回くらい食べたかったのに。まことに残念である。

このページのトップへ


「セパコロライス」 ★★★★

メデオ&ダイン(medewo&dine)というカフェで900円。
だいぶ前、吉祥寺東急裏のナイキの反対側の輸入雑貨店が閉店したんだけど、いつのまにかこんなインテリアショップ&カフェになってた。禁煙席があるのがうれしい。

「セパコロ」の名前の由来は、コロッケの材料をそのままライスにぶっかけたからなんだとか。

構成材料は揚げパン粉、マッシュポテト、豚細切れ肉、キャベツの千切り、ごはん、プチトマト、揚げたハーブ。マヨネーズもかかっていた。「混ぜてソースをかけてお召し上がりください」とのこと。

平皿に山盛りでくるので、パン粉をボロボロこぼしてしまった。

ライスに細かいマッシュポテトが混ぜられているのと、パン粉のサクサク感で、本当にコロッケの味がする。欲を言えば豚肉は挽き肉のがそれっぽいが、食感の関係でコマにしたんだろか。

カフェごはんだからそんな量はないかと思ってたけど、油モノのせいか食べ終わったらちょっと苦しかった。そして夜には胃が痛くなった。
(ま、胃が痛くなったのは、この日あった面接が芳しくなかったためでもあるんだが。結果は合格だったのでよしとするか。)

このページのトップへ


「イノシシカレー」 ★★★

風味絶佳  スプーンが左側にあるのは、管理人が左利きだから。  肉が薄い……

デパートMFの九州物産展で購入。600円くらい。

感触は豚肉というより牛肉に近い気が。硬くて筋張っている。筋にそってボロボロ崩れていく感じ。どことなく獣くさい味がするような……。カレー自体はちょっと辛め。

このページのトップへ


「4種の野菜とこんにゃくのナポリタン風」 ★★★

こんな美味しそうにできるものなんだろうか??  絶対パッケージと違う……

コクミンドラッグで購入。

長い名前がついているが、要はこんにゃくパスタだ。ダイエット食品によくあるやつ。51キロカロリー。

前食べたこんにゃく焼きそばはいまいちだったが、こっちのがマシ。
焼きそばは春雨くらいの太さだったが、これはうどんくらいの太さがある。

味はナポリタンと同じとはいかんな。こんにゃくだと思って食べてりゃなんてことはないけど。
うーん、でもこんにゃく(白滝)ならたらこまぶしの方が好きだ。

余談をひとつ。「ダイエット」というと「やせること、減量」という意味にとられがちだが、本来の英単語dietの意味は「(減量のための)食事」なので、「ダンベルダイエット」「骨盤ダイエット」なんてありえない……という話が斎藤兆史『英語達人塾』に書いてあったっけ。

このページのトップへ


「ナーベーラー丼 みそ味」 ★★★★

      

デパートMFの沖縄展で購入。680円くらい。

ナーベーラーというのがヘチマのことらしい。
匂いは甘めの味噌。

ヘチマは水っぽい。味は味噌でよくわかんない。種が大きいな。
キュウリの炒め物するとこんな風にデロッとするけど、へちまのが太いだけあっておいしい。舌だけで食べられるから高齢者にもよさそうだ。

他の具はにんじん、マッシュルーム、ヤングコーン、豚肉。味噌味マッシュルームなんて初めて食べた。山菜そばのキノコみたいな味がした。

ごはんにかけて食べたら美味しかった。なんだか懐かしい味だった。

このページのトップへ


←前ページ(Page3)へ  このページのトップヘ↑  次のページ(Page5)へ→  奇食インデックスヘ戻る  トップページへ