×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

奇食ハッチポッチ > 奇食 > 食事 > Page3

 

食事 Page3

甘栗コロッケ   さつまいもコロッケ   ソース味 ごはんですよ!   オムライスロール

ピーナツ豆腐   羊乳チーズ(ペコリーノロマノ)


「甘栗コロッケ」 ★★★

コロッケは割ってみるまで分からない  さつまいもに見えるんだが  栗がちゃんと入ってました

スーパーSで購入。

甘さ控え目。甘栗を半分にしたやつがゴロゴロ入ってる。おやつだな、こりゃ。チョコレートコロッケもそうだったけど。
千切りキャベツやソースとは合いそうもない。

油ものなので一応腹にはたまるが、メインディッシュには出されたくない一品。

このページのトップへ


「さつまいもコロッケ」 ★★★

ちょっと生っぽいけど大丈夫?  私には卵コロッケにしか見えないのですが

甘い物コロッケ第4段。(1.チョコレート 2.桜 3.甘栗

「とんかつ さぼてん」で発見。1個160円だが2個パックだと290円とお買い得。どうしてまとめ買いさせたがるんだろ。

スイートポテトのまろやかさだ。でも甘くない。
色も薄いが味も薄い。最初食べたときは味わかんなかったよ。
バターか何かの油が効いてる。コロッケだから油っこいのは仕方ないか。

「別腹で」と書いてあったが、確かにメインディッシュにはならん。こういう甘いコロッケ全般に言えることだけど。

食べてからふと思ったが、ラグビー型してるのはひょっとしてさつまいもの形を模しているのか?

このページのトップへ


「ソース味 ごはんですよ!」 ★★★

海苔つくだ煮風  「使用方法」書かなきゃ分からないのか?  お好み焼きの上に絞り出したが、なんか汚い

スーパーIで300円くらいで購入。
「新しいおいしさ!」に惹かれて買ってしまった。こういうキャッチフレーズは大抵失敗するのだが。(例えば紙パックのメロンソーダとかね)

忍者のCMでおなじみの、あの桃屋「ごはんですよ!」がソース味になったらしい。
裏面の使用方法(←用途じゃないの?)には「エビフライ・コロッケ・たこ焼き・ホットドッグ・卵焼き」が列挙されている。

絞りだした感じは確かにのりの佃煮っぽい。うーん、見た目あまり美しくないぞ。
そして味は、「ソース味の海苔の佃煮」まんまの味だ。佃煮とソースって臭いも似てる。

でも、何のためにこんなことしたんだろう? 需要はあるのか? 物珍しいだけの徒花に終わりそうな予感がする。

 
〈2006年2月28日追記〉
公式HPはこちら。開いてみたら、『やきたて!じゃパン』とのコラボで、「ごはんですよ!を塗ったトースト」を塗ったトーストが2006/01/31からローソンで売ってるらしい。なんでも、「ごはんですよ」のイメージキャラクターである三木のり平が、『じゃパン』の主人公と海苔対決をしたらしい。これは買いにいかな。

このページのトップへ


「オムライスロール」 ★★

「オムライスロール」という響きは至って普通なのに……  チキンライスとキュウリのコラボか……  卵がとても薄く、中身がすけて見える

RF1で購入。閉店直前で行ったので30円引。

この惣菜屋チェーン、いかにも最近のオシャレなデリなのだが、よぉく見ると「朝食用豆乳コーヒーぜんざい」など不思議なものが散見されるので、見逃せない。

、 オムライスが極薄の卵焼きにくるまれている。
一見すると生春巻きにも見えるし、エビチリのようにも見える。

パッケージを開けると、サンドイッチをあけたときのにおいが広がる。
味はまずくはないんだけど、オムライスに生のキュウリやレタスが入ってるって感覚がイヤ。中はソースの味がわりとするかな。原材料にある濃厚ソースってやつか。ほかにチーズやマヨネーズの味も楽しめる。

どうしてわざわざオムライスにしたのか、その意義がわからない。おしゃれだからか? まさか、私のような奇食好きを喜ばせるため……なわけないか。

このページのトップへ


「ピーナツ豆腐」 ★★★

魚みたいな包装の仕方だ  添付タレをつけてみた

胡麻豆腐みたく甘いのかと思ったら全然そんなことない。ほとんど味がない。
ピーナツの味でさえ、気をつけてみなきゃわかんない。

原材料みたら「落花生、甘藷澱粉、調味料(アミノ酸等)」となってるから、確かに甘くはないわな。
やたらにプルプルしてるのは澱粉のせいなのだろうか。

醤油みたいのが付属されていたので、つけてみる。
このタレも単なる醤油じゃなくて、砂糖&酢とのブレンド。
砂糖のせいか少しとろみがある。
これをつけると……うまい! タレのあまじょっぱさと豆腐のまろやかな感触が心地よいハーモニーを奏で、いくらでも入りそうだ。

ピーナツというと、ピーナツバターとかの関連商品はみんな黄土色してるけど、こいつは「豆腐」と名乗るだけあって真っ白だった。どっちが本当の色なのだろう。
そもそも、このピーナツってやつは、硬い殻がついていれば落花生、赤い薄皮つきなら南京豆、全部向いたらピーナツと、コロコロ名前が変わっていけすかない。出世魚みたいなもんか? 転職の守り神にでもすればいいのに。

このページのトップへ


「羊乳チーズ(ペコリーノロマノ)」 ★★★

ぺこりぃ〜。  生めん羊乳  直方体物体

カルディで羊乳のチーズを発見したので買ってみる。

原材料にある「生めん羊乳」ってなんだ??
あと名前の「ペコリーノ」ってなんだろう。ゴリエと関係は……ないだろうな。絶対。

1個350円かと思ったら100g350円でちょっとショック。200g以上あったので800円という思わぬ出費となった。牛丼2杯分……。

感触は板チョコみたい。ポソポソ、ボロボロする。チーズはもっとネットリしてるもんだと思ってたよ。
色はホワイトチョコみたいなのに甘くないから変な感じがする。かじってる私が悪いんだろうけど。

羊のせいか、かなり臭みが強いね。イタリア料理って感じ。これは人を選びそうだ。トマトやピザと合いそう。
あと塩気がやたら強い。単品で食べると喉が渇く。臭みを消すためか? 消えてないし。

少しだけ奇食鍋に入れてみた。
加熱すると、裂けるスティックチーズみたいな感じになって美味しかった。初めから温めて食べるべきだった。今度チーズ買ったらまず加熱してみよう。

このページのトップへ


←前ページ(Page2)へ  このページのトップヘ↑  次のページ(Page4)へ→  奇食インデックスヘ戻る  トップページへ