×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

奇食ハッチポッチ > 奇食 > プラカップ > Page2

 

プラカップ飲料 Page2

シノアドア ゼリー サーキュリスト   グリーンティライム&ソーダ   FINAL FANTASY XII ポーション

チーズケーキドリンク   ハーブジュース


「シノアドア ゼリー サーキュリスト」 ★★★★★

なめらか、すべすべ  中国4千年の知を結集したゼリー

コクミン(ドラッグストア)で購入。

「なんでシャンプーのブランドからゼリーが売り出されるんだ?」と一瞬疑問に思ったが、よく考えたらそれはアジエンスだった。シノアドアは資生堂の化粧品ブランドである。(こちらの公式HPでゼリーも載ってます)

パッケージ表には「飲んでなめらか、すべすべ 美容茶ゼリー」と大きく書いてある。右下には「紅花 サクランボ ハトムギ ドクダミ 食物繊維 ビタミンC」とあるが、原料と成分混ぜて書くなって。色々ありすぎて結局何味か分かんないし。
裏にはカッコ書きで「さっぱり味のお茶ゼリー」。結局何味なのかわかりゃしない。
お茶ゼリーって何? コーヒーゼリーの親戚か?

味のほうだが、吸い上げたときは甘酸っぱい。さくらんぼだろうか。
で、口の中に留め置いて味わってみると茶の味がする。烏龍茶だと思うけど、原材料みたら紅茶も入ってた。
苦みはそんな強くなく爽やか。おいしいね。

一気に飲んでしまうと「お茶ゼリー」らしさを堪能できないので、ゆっくり食す(飲す?)ことを強く推奨いたす。ウイ○ーin○リーみたいに「時間がないときの食事代わり」には勿体ない逸品だ。どのみちおなかいっぱいにはならないし。

このページのトップへ


「グリーンティライム&ソーダ」 ★★★★★

緑茶ソーダ  ライム入り

デパートTの地下にあったAO Cafeで購入。トールサイズ380円。値段といい見た目といい、抹茶版スタバといったところか。

最初はライムソーダの味だけどすぐ抹茶が追いかけてくる。でも苦くないね。粉末緑茶とかそんな感じ。デザート用のやつかな? 予想以上においしくて、うれしい。

作るところ見てたら抹茶シロップ(ポーション)みたいの入れてかき混ぜてた。あのシロップだけほしい。そして奇食を……(こらこら)

ページのトップに戻る


「FINAL FANTASY XII ポーション」 ★★

  マジカルな色    

ゲーム「FINAL FANTASY XII」とのコラボ商品。変なもん売り出したなあ。

においはちょっとスーッとするハーブ。薬品て感じ。

せっかくだから瓶から出して見る。うっ。なんだこの色。オロナミンCみたいに黄色かと思ったら青緑。喩えて言えばAegean Sea(「エーゲ海」ってこう書くのよ。知ってた?)。もしくはクールバスクリン。
なお、実際のエーゲ海の色は「ギリシャ旅行記」でご覧ください。

味はにおいを裏切らない。ハーブの清涼感と、栄養ドリンクの口がピリピリする感じ。やや甘口。炭酸が入ってない分飲みやすいが、この明らかに食品外な色は抵抗あり。入浴剤みたいだ〜。瓶に入れて飲めば問題なし。でも飲んだ後ちょっと気持ち悪くなった。これで風邪も回復してくれるといいんだが。
風邪と言えば、高校の世界史のY先生が風邪を速攻で治す方法を教えてくれたっけ。

(1)マムシドリンクなどの高い栄養ドリンクを飲む。
(2)すぐに寝る。とにかく寝まくる。
 
これはゲームとのタイアップ商品だが、ヒロインがこれを一気飲みして「プハーッ! グイッと一発! 今日も元気で行くぜ〜!!」なんてやってたら嫌だ。
1瓶120mlだから、10個ポーション使ったら1.2Lか〜。飲むの大変そう。ダンジョンだったらトイレどうすんだろ。

ポーションてのは薬の名前ぽいが、実は英語で「一部分;一人分」という意味。だからスジャータ1個も1ポーションて数えてる。なお、「ハイポーション」「エクスポーション」という英単語はない。
あのゲームは魔法もアイテムも英語だから、他の回復アイテムもちゃんと意味がある。エリクサー(elixir)は「不老不死の霊薬;万能薬」という意味。化粧品に「エリクシール」というシリーズがあるが、同じ単語である。毎日エリクサー使ってお肌を回復していると考えるとなんかすごい。一方、エーテル(ether, aether)は「古代人が想像した、天空を満たす霊気」だそうだ。現代では「エチルアルコール」という意味でも使われるようだが。エタノールってことは酒じゃん。なーんだ。

〈2006年6月30日追記〉
友人MKNがうちに遊びに来たときに、ポーションの限定パッケージ(600円)を持ってきてくれたので、その写真を公開します。
限定パッケージは値段の割にしょぼく、よく言われている通り一度開けるとフタが閉まらなかった。600円も出すんだったら投売りされているレトロゲームでも買った方がマシだ。
なお、友人が遊びに来たのは2006年3月だったのに、管理人の怠慢でupが大幅に遅れたことをこの場を借りてお詫びします。

〈2006年8月17日追記〉
『擬人化たん白書』でポーションが擬人化されていた。「ポショたん」という名前で、6姉妹だそうだ。
画像はこちらで見られます。
アキバblog 擬人化たん白書 「○○たんの世界へようこそ!」

ページのトップに戻る


「チーズケーキドリンク」 ★★★

  

ファミマで200円くらい。

パッケージの説明には「dessert drink」「濃厚なNYチーズケーキを濃厚なデザートドリンクにしました」とある。デザートドリンクってなんだろう。

右の写真を見れば分かるが、ストローぶっとすぎ(笑) 容器が小さい分、マックシェイクより太さが感じられる。

ドロドロのレアチーズ飲んでるみたい。焼く前のチーズケーキというか。
シェイクほどではないがドロドロしている。ちょっときもい感触だ。離乳食のチーズケーキがあったらこんな感じなのかな。
チーズとレモンの酸味がベビーダノンを思い出させた。

チーズケーキドリンクは去年(2005)の夏にも飲んだ記憶があるが(chesse drink)、そっちの方が飲みやすかったような。あれはサラサラだったし。

ページのトップに戻る


「ハーブジュース」 ★★★★★

  

juicer barで200円で購入。

「ハーブジュース」って言っても、名前を洋風にしてるだけで要は青汁でしょ、との予想を立てて飲んで見る。

ポスターによると「レッドビートやエンダイブ、ルッコラなどのハーブ数種類を葉が柔らかい状態でミックス」だそうだ。
原料や写真を見るとハーブというよりサラダ(ベビーリーフ)のような。

一口目は「青臭っ!」と感じるがすぐ慣れる。すっぱい感じがするからキウイかなあ。(味オンチだからよくわかんないや ^_^;)
生ジュースだけあって普通に美味しいです。

液体になってしまうと分からないが、カップ内部に赤い砕片がつくので(右の写真参照)ルッコラとか入ってるのは確かなようだ。

ページのトップに戻る


←前のページ(Page1)へ  このページのトップヘ↑  次のページ(Page3)へ→  奇食インデックスヘ  トップページヘ