×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

奇食ハッチポッチ > 奇食 > プラカップ > Page4

 

プラカップ飲料 Page 4

 
飲む酢〈ブルーベリー〉   琉球玄米〈紅イモ〉   NONI JELLY   ピーチ&メロン


「飲む酢〈ブルーベリー〉」 ★★★

      

これは明らかにプラカップじゃなくて瓶だけど、他に入れるところないからこのカテゴリに入れた。

税抜き450円と、かなり高い。しかも、この値段で半額なんだから驚くしかない。

開封前から酢の匂いが瓶から漂う。

味は酸っぱいというか酢っぱい! ブルーベリーの味はしなくもないけど……。なぜか発酵豆乳を思い出す。あれも黒酢だもんな。

水道水をそのまま注いだからぬるくてイマイチ。氷をいれて冷やしたら少しはマシになった。
ホットにしたらどうなるんだろう? やってみたいけど、ひどいことになりそうだ。

実はこれ、デパートKでお中元バラして売ってたやつで、ほかにも「大豆黒酢」「パイン黒酢」「グレープフルーツ黒酢」があった。好きな人はいいかもしれないけど、嫌いな人はこんなの5本送られたら嫌がらせじゃん。
あやむらさきのチカラといい、どうして変わったものを送りたがるのだろうな。ちなみに、私は飲食物ならたいていなんでも大歓迎なので、誰かお中元贈ってください。

このページのトップへ


「琉球玄米〈紅イモ〉」 ★★★

      

ナチュラルローソンで購入。150円くらいだったかな。

どろーんとしてる。甘酒よりひどい。
わずかに米粒があるようなないような。

黒糖玄米が飲めないくらいひどい味だったので、全く気が進まないが、意を決して飲んでみる。

あ、これは玄米シリーズの中ではいける!!
紅イモの風味が強いので、芋羊羹みたいだ。飲むプリンならぬ飲む芋羊羹。素朴な味わい。
生姜が入ってないのもポイント高い。
何か月も冷蔵庫の奥に放置したので、ギンギンに冷えてるし。

加熱してみたら微妙に甘酒みたいな味になった。紅イモ甘酒。
あれ、甘酒って米でできてるんだっけか、そう考えると玄米ドリンクも大したことないな。

 
YHM氏が琉球玄米〈黒ゴマ〉を飲んだので、その感想を転載します。あっちはまずかったらしいな。

”黒ゴマ玄米めっっっちゃ泥泥ですよ。味より食感が最悪ですね。もっとサラサラオアもっとドロンドロンにすれば前者は飲み物の真の姿として、後者はゼリーのようにスプーンですくうデザートとして受け入れられたのに…。
なぜこれをゴクゴク飲めと言わんばかりに牛乳ビンにつめてしまったのか。
できるだけ直接喉に落ちるように飲むしかないです。総合してまずいです。”

このページのトップへ


「NONI JELLY」 ★★★★

  

ノニジュースがかなりまずかったので、私の頭の中では「ノニ=奇食」という公式が成り立ってしまった。

あのときは「こんなまずい物が本当に流行るのか!?」といぶかしんでいたが、気がついたらノニ商品をちらほら見掛けるようになった。

中身はグレープ色。ノニって茶色じゃなかったっけ?

 
ブルーベリーとグレープの味しかしない??
なんとなーく、例の「古い」ような味がしなくもないのだが、嫌だという程には強くない。
ノニを食べたことがない人にはたぶん分からないだろう。

果汁30%とあるが、きっとグレープ14 ブルーベリー14 ノニ2くらいの割合なんだろうな。ノニ20%とかまずありえん。

甜茶のように、各メーカーが腕を奮って飲みやすいノニ製品が続々発売されると嬉しいな。

このページのトップへ


「ピーチ&メロン」 ★★★

吉祥寺献血センター「タキオン」のカップ自販機(無料)にて発見。
ちなみに、タキオンで食えるのはミスドのドーナツだ。フレンチクルーラー率が高い気がする。

普通のジュースに混ざって「mixしちゃお!」との怪しげな表示が。
メロン&ピーチ、リアルゴールド&グレープフルーツ、リアルゴールド&ピーチ、スパークリング&グレープフルーツがあったが、献血直後で元気がなかったので一番無難なメロン&ピーチを選んでしまった。

色は真緑。もろにメロンソーダ。ピーチなんて影も形もない。まぁ、元々薄い色だからねぇ。。。

味はすっぱい+甘い+炭酸。まんまメロンソーダとピーチ(hi-c)の味。
てか砂糖と炭酸と調味料。安っぽい。カロリー無駄に高そう。
いかにも体に悪いジャンクな風味だ。
飲めないほどまずくはないけど、混ぜてどうすんのって言いたくなる。
ま、こんな変なことをするのが奇食の真髄なんだから、仕方ない。変じゃなきゃネタにならないしね。

このページのトップへ


←前のページ(Page3)へ  このページのトップヘ↑  次のページ(Page5)へ→  奇食インデックスヘ  トップページヘ