×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

奇食ハッチポッチ > ギリシャ旅行記 > 3月3日 > Page1

 

2006年3月3日(金) Page1

〈ラリッサ駅〉  (11) ディオニソス劇場


〈ラリッサ駅〉

夕べの悪夢も覚めやらぬまま、朝7時に朝食を済ませ街に繰りだす。

なお、朝食(コールドビュッフェ)のメニューは、
コーンフレーク、甘くないラスク、パン、クルーリ型ビスケット、スライスチーズ、ハム、ジャム(チェリー、桃)、はちみつ、マーガリン、ホットミルク、オレンジジュース、紅茶、コーヒー。
食べ放題なので、腹いっぱいまで食べる。ラスクは袋入りだったので、毎日こっそり持ち帰っていた。

ラスク

↑これがラスク

 

今日はまず、国鉄ラリッサ駅(Λαρισα)へと行く。5日にカランバカに行くので、電車の時刻を調べるためだ。途中治安が悪いと有名な箇所を通るので、朝とはいえちょっとこわい。自然と足早になる観光客3人。カランバカからの帰りは陽が沈んでからの到着なので、無事に帰れるか心配だ。

ラリッサ駅

↑朝のラリッサ駅

 

朝のラッシュアワーだけあって駅は混雑している。切符の買い方を調べたかったが、大迷惑になりそうなので断念。

時刻表は見つかったが、行き先がギリシャ語でしか書いてないので読みづらい。ギリシャに来る2週間前から『エクスプレス 現代ギリシャ語』で勉強していたが、それでもまだ慣れず、行き先が読めずに困っていた。
我々が乗るのは、8:50ラリッサ駅発〜13:13カランバカ着(882) というやつだ。長時間乗るので酔い止めは必須だ。

時刻表

↑アテネ〜テッサロニキの時刻表。全体写真が欲しい人はこちら

 

ギリシャでは、切符のチェックは車内で行われる。だから、ホームにはフリーパスで入れてしまう。いちいち車内を回るより駅で改札した方がラクだと思うのだが、1つ1つの駅に駅員を置くよりは、電車の車掌一人がやったほうが人件費が安くあがるのだろうか。

駅のホーム

↑ラリッサ駅のホーム

 

時間が分かったらこんなところに用はない。地下鉄ラリッサ駅に行って、アクロポリス駅まで移動する。ディオニッソス劇場に行くためだ。

地下鉄ラリッサ駅

↑駅入口。中央の機械で刻印しないと、罰金を取られる

 

切符販売機

↑ディスプレイ付き切符販売機もあったが、みんなout of orderだった

 

路線図

↑地下鉄路線図。指差しているのは目的地「アクロポリ駅」

このページのトップへ


(11) ディオニッソス劇場

地下鉄をアクロポリ駅(Ακροπολη)で降りて、ディオニッソス劇場(Θεατρο Διονυσου テアトロ ディオニス)へ向かう。
ここは遺跡であり、現在は使われていないそうだ。ギリシャの円形劇場は一度は見てみたかったので、楽しみである。
日本で天気予報を見たときはずっと曇りだったが、こっちに来てからはずっと快晴続きだ。遺跡にはやっぱり青空が似合う。

ディオニッソス劇場

↑上から見た劇場

 

劇場舞台下

↑舞台の下には精巧な彫刻があるので、見逃さないように。

 

劇場

↑ギリシャの遺跡全体にいえることだが、緑に覆われていて風流である。

このページのトップへ


←前のページ(3月2日 Page7)へ  このページのトップへ  次のページ(3月3日 Page2)へ→  ギリシャ旅行記トップへ  トップページへ