×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

奇食ハッチポッチ > 奇食 > 食事 > Page6

 

食事 Page6

oh!湯de中華〈酢豚〉   カツカレーラーメン   沖縄のリゾートホテル風 大人の辛口 96カリー   豆腐かすてら

すいーと♥はーと


「oh!湯de中華〈酢豚〉」 ★★

          

レトルト具材とフリーズドライを器に空け、湯をかけて食べるインスタント食品。
どう考えたってパッケージ写真のようなものができるはずがない。

肉が3切れしか入ってなくてがっかり。衣もついてないし。

フリーズドライ野菜は、インスタント味噌汁のネギみたいにパサパサしていてあまりおいしくない。栄養価も干上がってそう。
椎茸だけは、乾燥椎茸を食べ慣れているので普通の味に感じる。

ネタとしては面白いかもしれないけど、普通に惣菜買った方がいいな。

このページのトップへ


「カツカレーラーメン」 ★★

        

サンクスのオリジナル商品。
カレーうどんやコロッケうどんはよく聞くが、カツカレーラーメンというのは初耳だ。

始めからスープと具が麺の上に載っているので、ゴミが減る。

開けてびっくり。カツ薄い!! しかも小さい!!(怒) 駄菓子屋の「ソースカツ」を思い出した。

フライものにはよくあることだが、食べてるうちに衣がふやけて脱げてしまう。3切れ目はチャーシューと大差ない見た目になってしまった。

↑カツのヌード(笑)

 
味はカレーうどん+ラーメンの麺。まずくはないかな。★2個にしたのはカツのしょぼさにショック受けたからだし。

このページのトップへ


「沖縄のリゾートホテル風 大人の辛口 96カリー」 ★★★

    

デパートMFの沖縄物産展で購入。たしか、ちゅらいもアイスナーベーラー丼と一緒に買った。
58(ゴーヤ)カリーもあったが、なんだか定番すぎてつまらないので、あえて黒カレーにする。

パッケージには
”沖縄産黒糖を使用した「黒糖ココア」をベースに
 タマネギとパパイヤを加えました。
 辛さの後にマイルドな後味が残る
 大人の味のカレーです。”
と書いてある。

で、パッケージの裏には
沖縄のリゾートホテル  青い海、青い空が広がる沖縄のリゾートホテルは、
 沖縄観光になくてはならない存在です。
 ゆったりとした贅沢な時間を過ごす癒しのスポットとして
 昔も今も人気の高い施設です。”
↑どうして観光名所じゃなくてリゾートホテルの存在意義をアピールしてるんだ? 地元住民の反対にでも遭っているのか。そもそも、「昔も今も」っていったって、リゾートホテルができたのってたかだか50年くらいなもんだろ。

 
さて、気を取り直して開封といこう。

黒カレーとは聞いていたが……真っ黒。黒すぎ。カレーというよりはビーフシチューかチョコレートに見える。さすが96.

味は普通の辛口だと思う。ココアの味は残念ながらしない。
パパイヤも入っているそうだが、真っ黒になってて、何がなんだかわからない。素材の風味が活かされていなくて残念だ。

↑いちおうパパイヤを撮ったつもり

このページのトップへ


「豆富かすてら」 ★★★

    

デパートKの東北物産展で購入。399円。
秋田県の名産品のようだ。

パッケージの説明によると

本製品は高品質の大豆を主原料にした栄養素のある、まろやかな甘味の大豆練製品であります。伝統の技術と最新の設備により衛生的につくられ、みちのく秋田の風土が産んだ、ふるさとの味としてとても喜ばれております。どうぞ、お茶うけに、おみやげに、又は、冠婚葬祭の御引物に御利用下さいませ。

秋田では結婚式や葬式に行くと豆腐かすてらがもらえるのか。なんかハイカラだな。

かすてらと書いてあるが、味は 豆腐+甘いたまご焼き。おちゃうけになるかは疑問だ。むしろ寿司ネタの方があってそうだ。

このページのトップへ


「すいーと♥はーと」 ★★★★

  

バレンタインというとチョコレートが定番だが、デパ地下の惣菜屋も稼ごうと特別商品を投入してくる。で、そっちの方が奇食が多い。

このコロッケは柿安ダイニングで130円。商品名がやたら気恥ずかしい。

隣にHERSHEY'Sのチョコソースが置いてあったからチョコレートコロッケ(昔食べたな)かと思ったら、サツマイモとジャガイモのコロッケだった。
買うとチョコソースをかけてくれる。

味はやっぱり普通だな。サツマイモのほどよい甘さが和み系である。

チョコソースがかかった部分はチョコレートコロッケみたいな味。中身が甘いから合うけど、メンチカツだったらやばそうだ。

このページのトップへ


←前ページ(Page5)へ  このページのトップヘ↑  次のページ(Page7)へ→  奇食インデックスヘ戻る  トップページへ