×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

奇食ハッチポッチ > ギリシャ旅行記 > 3月9日 > Page1

 

2006年3月9日(木) Page1

(35) 大統領官邸  (36) ビザンチン博物館  (37) リカヴィトスの丘(再)
(35) 大統領官邸

なんだかんだいって1週間が経ち、もうギリシャ滞在の最終日となった。淋しいが、こんな生活をずっと続けていたらぶっ倒れるので、そろそろ潮時なのかもしれない。アテネの空気が悪いせいか喉も痛いし。

15:20アテネ発の飛行機だが、それまで時間余らすのも勿体無いので市内観光をする。
最初は大統領官邸 (Προεδρικό Μέγαρο プレドリコ メガロだ。
ここには名前から分かるとおり大統領が住んでいる。
ガイドブックによると、2005年現在Κωνσταντίνος Στεφανόπουλοςコンスタンディノス・ステファノプロス Wikipediaで調べたら2006年3月の時点ではΚάρολος Παπούλιας(カロロス・パプーリアス)が大統領だそうだ。
一度くらい顔見てみたかったな。

大統領官邸

↑閑静な佇まいの大統領官邸

 

官邸を守る兵士

↑ここも民族衣装を着た衛兵が守備している

 

こんなかわいい格好の人達に警備を任せて大丈夫なのかなーと見ていたら、軍服っぽいおっちゃんがやってきて追い払われた。

みかんの木

↑アテネ市内でたくさん見かけたみかん(?)の木。空腹のときはもいで食べたくなった

 

このページのトップへ


(36) ビザンチン博物館

大統領官邸をぼーっと眺めた後、東のコロナキ地区に向かう。
次はビザンチン博物館(Βυζαντινό Μουσείο ヴィザンティノ ムシオ)だ。
ここにはビザンチン時代のイコンが多数展示されているとのこと。

コロナキ地区には他にも博物館が多く、他にも戦争博物館ベナキ博物館、キクラデス博物館がある。
何度も通ったところだから方向音痴の私でも見覚えのあるところだ。

博物館に着いたら、まだ8:30になっておらず、門が閉まっていた。
しょうがないので隣の戦争博物館に勝手に入って、ぼーっと飛行機を眺めていた。
またしても戦闘機に熱い視線を送る同行者Β。
どうせ早朝で誰もいないんだから乗っちゃえばいいのに。

5分くらいぼーっとしてたらようやく門が開いたので、ビザンチン博物館にレッツゴー。
他に客が結構いるんだなと思ったら、全部従業員だった。
見張りの人ってスーツ着ないんだ。他の国ではどうだろう。

ビザンチン博物館

↑ビザンチン博物館の入口。交叉した旗と白い外壁が特徴

 

ビザンチン博物館チケット

↑入場券。おそらくビザンチン時代のイコンか何か

 

ここはカメラ・バッグ共に持ち込み可だが、あんまり大きすぎるのはクロークに預けさせられる。
案の定私のでかい鞄はダメだった。

中は、広くて天井の高い展示スペースにイコンが並べられていた。
イコンというのは木板などにマリア様やイエス・キリストを彫ったもので、ギリシャ正教ではよく見られるらしい。
確かに、メテオラの修道院でも売られていた(異教徒だけど、記念に1つ買ってきた)。
木板の両面に彫ってあるものもあって、両面ちゃんと見れるようになっていて興味深かった。
実際はどのように使っていたのだろう。

ここの欠点はやたらに見張りが多いことである。
1部屋に2人はいる。
他に客いないし、間違って変なところ入ったら怒られるし……立ち入り禁止の札くらい出しといてよ。
あと、この博物館も変な構造で、一番奥まで行ったら行き止まり。
一度見た展示品の間を抜けて入り口へと戻っていった。
通れないくらい混雑したらどうするんだろ。

博物館の奥に別の建物があって、そこでは有名なギリシャの画家の油絵展示が行われていた。
私個人の意見では、土器の破片より絵画の方が見ていて楽しい。
ギリシャでは展示品といえばほとんど発掘品で食傷気味だったので、こういう現代美術に触れると気分転換になる。

このページのトップへ


(37) リカヴィトスの丘 revisited

ビザンチン博物館が意外と早く見終わってしまったので、近くにあるリカヴィトスの丘にまた登ることにする。
ここは3月4日にも登ったので、2回目だ。
今回もやはり徒歩で登る。だってお金ないし。

坂を上るのはしんどいことに変わらないが、今回は道も分かっているし、1週間のギリシャ滞在でだいぶ足腰も鍛えられたので少しは楽になったような気もする。
何より、今回は毛虫が出なかったことがすばらしい。

ゴミ捨て

↑ケーブルカー乗り場近くのマンション。中央にあるつながったゴミ箱(?)からゴミを捨てるらしい。
ゴミを捨てるときは山崩れみたな音がするので、ちょっとびびる

 

今日は平日のせいか、朝早い(10時前)せいか誰もいない。
貸切でこんなすばらしい景色を見られるなんて、すごい。早起きは三文の得だ。

リカヴィトスの丘からシンタグマ広場を見る

↑シンタグマ広場方面の眺め。左中央のパステルカラーの建物が国会議事堂、その裏の森が国立庭園

 

リカヴィトスの鐘

↑観光客でいっぱいの鐘つき堂も、今は我々3人だけのもの。独占禁止法違反か?

 

雲の影

↑街に雲が影を落としている

 


←前のページ(3月8日 Page2)へ  このページのトップへ  次のページ(3月9日 Page2)へ→  ギリシャ旅行記トップへ  トップページへ